クレジットカードの支払いで苦しい思い

私の収入は20万円くらいでしたが、そこから家賃が6万円とクレジットカードの支払いが10万円ありました。実は買い物が増えてしまい、それはリボ払いを計算せずにクレジットカードを使ってしまった結果でもありました。残りの4万円から携帯や光熱費を差し引いてもマイナスでした。あまりにも計算せず電化製品や服など大丈夫だろうとリボ払いばかりしてしまったのがいけませんでした。支払いを止めるわけにもいかず、無理な支払いを続けていましたが、実は実家に助けを求めて毎月いくらかのお金と食事などをするようにしていました。今思うと親の助けがなければ支払いもできなかったと思います。返済も続けてようやく済ますことができましたが、それからは計算して使うように心がけています。 

普段使いのクレジットカードの使い方

クレジットカードを持つのを怖いと言う方がいらっしゃいますが、クレジットカードは利用の仕方によってはとても便利な物です。実際に現金で買い物をする際よりもお得になる事が沢山ありますし、清算自体もスムーズに終わるのでとても重宝しています。特に良い点はポイントが貯まるという事です。そのポイントは色々なシーンで利用できるので、とても利用頻度が高いです。一番お勧めをしたいのはクレジットカードを固定費の清算に使うという事です。現在では電気代やガス代などもクレジットカードを経由して支払いが可能ですし、携帯料金や、日々のガソリン代などもクレジットカード払いにする事でポイントが貯まります。家賃を払っている方であれば家賃をクレジットカード払いにするととても大きな効果があります。どちらにしても支払わなければいけないお金であれば、クレジットカードを経由する事でポイントの恩恵を受ける事ができるのでお勧めです。

リボ専用カード会員への切り替えは、十分考えてから。

クレジットカードの利用で、特に注意したいのが、リボルビング払いです。高額な商品も毎月の返済額を小さくし、代わりに支払い回数を多くした決済方法で、便利な一面、リボルビング手数料と言われる、分かりやすく言い換えると、利息が高くなります。年利15%程が多いのではないでしょうか。このリボルビング手数料が、利益として大きい為、クレジットカード会社は、カード会員に対して、カードを「リボ専用カード」にしませんかと、売り込んでくるのです。「今ならポイント増額」などと、キャンペーンを張ったりしてまで欲しいのが、「リボ専用カード会員」なのです。このリボ専用カードは、利用が難しいです。少額で、1回払いで良いものも、自動的にリボルビング払いの決済になってしまうのです。更に、返済は少額な為に、返済スピードが遅く、利用残高がどんどん積み上がってしまう傾向になるのです。「リボ専用カード」へのお誘いは、十分考えてからにした方が、良いと思います。

クレジットカードでの支払いを増やす

現在、クレジットカードでの支払いを増やすようにしています。これは、クレジットカード払いの方が色々な面で管理が楽だからです。私が利用しているクレジットカードは、カードを利用すると登録しているメールアドレス宛に、使用した金額のメールが届くようになっています。ですから、どれくらい使っているかが分かり易いですし、使う度にメールが来るため、使い過ぎてしまうことがありません。以前まではクレジットカードを使用していなかったのは、使い過ぎてしまう心配があったからです。しかし、使い度にメールで使った金額のメールが届くため、安心してクレジットカードでの支払いが可能となっており、これからさらにクレジットカード払いを増やしたいと思っています。

クレジットカードの目的はポイント集め

私の知り合いには、クレジットカードを基本とした生活を送っている方が居られますが、そのため現金をあまり持ち歩かないタイプなので、財布が軽くて便利なんて冗談を言っています。確かに支払いなどスムーズに済ませれるので便利だし、もうひとつメリットとしてポイントを貯めることができます。このポイントは溜まればそれなりに旅行なんて行けるくらいで、ちょっとそれは良いなと私も思い始めてクレジットカード生活を始めてみたんです。なるべく欲しいものは、ネットで購入、車や食事などもクレジットカードで支払うようにしてポイントを貯めるようにしています。ただひとつデメリットとしてあるのが、クレジットカードが利用できないお店に出くわしたときですが、それ以外では楽しく使っています。

1枚は持っていると便利なクレジットカード

社会人になってから、クレジットカードを作ったのですが、今では現金よりもクレジットカードで支払いをすることが多くなりました。多額の現金を持ち歩かなくても良いので、お財布がかさばらないところがいいなと思います。また、支払いをするたびにポイントがつき、これをためて別の支払いにあてることができるので、お得感もあります。いろいろな場面でクレジットカードを使っていると、思ったよりあっという間にポイントがたまっていきます。最近では、買い物の支払いだけでなく、家賃や公共料金もクレジットカードで払うようにしています。

クレジットカードを何枚持っているか

社会人になってから1枚クレジットカードを作りました。それを愛用してきましたが、キャンペーンにつられたり、カードのデザインが気に入ったりして作ってしまい、気が付けば4枚のクレジットカードを保有していました。結局主に利用しているのは最初の1枚だけなので、残り3枚は無駄に持っているようなものです。でも解約する必要もないかな、と思っています。なぜなら、全て年会費無料のクレジットカードばかりだから。年会費が有料だと使ってもいないのに保有するのは馬鹿らしく思うかもしれませんが、無料なのでとりあえず持っています。いつか使うかもしれないし、大事に引き出しにしまっています。

高島屋カードはポイントがどんどん貯まる

百貨店のお買い物が好きな私は高島屋カードを使っています。このカードの大きな特徴はポイントがどんどん貯まる点ではないでしょうか。100円で8%は常に付いてくるのですが、ポイントアップというお得な期間がたまに訪れその間にお買い物をすると通常8%のポイントが10%となります。この還元率は大手家電店並みで、百貨店ではめずらしいと思います。その期間中は最上階などでは魅力的なお店が軒を連ねるフェアなども開催されるので、いつも楽しみにしています。ポイントアップ中は、おば様たちや家族連れが多くなるので、すごく賑わう高島屋になりますがとてもお得なのでいつも通ってしまいます。

クレジットカードのありがたさ!

クレジットカードはとても便利なもので、どうしても欲しいものがあった時に手元に現金の持ち合わせがなくてもカード一枚で商品を購入することができます。また、支払い方法は一括だけではなく分割やボーナス払いなどの支払いの仕方もあるので収入と考えて使うことができるのがいいところだと思います。カードを使うごとにポイントが溜まっていき、そのポイントを商品を購入する時に使えたりとなにかと得をすることが多いです。現金払いでは何の特権がなくても、場面によってはクレジットカードなではの特権を受けることができるので、クレジットカードにはとても感謝をしております。

クレジットカードは理想の通貨となりつつあります

 ネットショッピングを頻繁に使うようになってからは、クレジットカードを利用する機会は断然増えました。一昔は、お買い物は店舗まで出向き、気になる商品は目で見て手で触れて確認し決定し、お支払いは現金だったのに。 仮想商店が台頭し、お支払いはクレジットカードだと手数料はかからない。しかも、銀行口座の引き落としは翌月と、計画的にお買い物ができる理性的な者にとってクレジットカードは理想的な通貨と化しました。 とはいえ、このようなクレジットカードが流行りすぎて怖いところもあります。クレジットカード会社の競争が激しくなり、発行にかかる審査が甘くなるところです。理性を保てるバランスを誰かが守り、常に何かしらの警鐘を鳴らし続けなければならないと思います。